サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

マダラチョウ亜族(Danaina)のページ


■オオカバマダラ属(Danaus Kluk, 1780)



【オオカバマダラ】Danaus plexippus plexippus (Linnaeus, 1758) ♂♀(表・裏)
アメリカ合衆国(イリノイ州) Illinois, USA 前翅長 50mm / 50mm
本種は北アメリカで毎年大規模な「渡り」をすることで有名
1999年は遺伝子組換トウモロコシの被害を受けた種として更に知名度が広がった。
オオカバマダラは「イリノイ州の蝶」に指定されている。

◇jジョオウマダラ亜属(Subgenus Anosia


【ジョオウマダラ】Danaus gilippus thersippus (Bates, 1863) ♂(表・裏)
アメリカ合衆国(カリフォルニア州) California, USA 前翅長 42mm


【ネッタイジョオウマダラ*】Danaus eresimus tethys Forbes, [1944] ♀(表・裏)
ドミニカ共和国 Rep Dominica 前翅長 36mm

◇カバマダラ亜属(Subgenus Salatura



【シロオオマダラ*】Danaus ismare ismareola (Butler, 1866) ♂♀(表・裏)
インドネシア共和国(アンボン島) Ambon Is., Indonesia 前翅長 55mm/48mm


【カバマダラ】Danaus chrysippus (Linnaeus, 1758) 白化型 ♂(表・裏)
中央アフリカ共和国 Central African Republic 前翅長 35mm


【カバマダラ】Danaus chrysippus (Linnaeus, 1758) ♂(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 31mm
日本に生息している原名亜種は奄美諸島以南の南西諸島に分布。
ヨーロッパ東南部、中近東から熱帯アフリカ、東洋区、オーストラリア区に広く分布。
トウワタ、フウセントウワタ、ロクオンソウ、ガガイモ。
多化性。



【スジグロカバマダラ】Danaus genutia conspicua Butler, 1866 ♂♀(表・裏)
インドネシア(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 mm /mm
写真提供:中秀司氏 Photos by H. Naka


【スジグロカバマダラ】Danaus genutia genutia (Cramer, 1779) ♂(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 37mm
日本に生息する原名亜種は宮古諸島以南の南西諸島に分布。
東洋区からオーストラリア区に分布。
リュウキュウガシワ。
ほぼ一年中、年多化性。


【アフィニスカバマダラ】Danaus affinis fulgurata Butler, 1866 ♀(表・裏)
インドネシア(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 mm
写真提供:中秀司氏 Photos by H. Naka


■コモンマダラ属(Tirumala Moore, [1880])



【アカチャウスグロマダラ】Tirumala formosa formosa (Godman, 1880) ♂♀(表・裏)
タンザニア Tanzania 前翅長 mm / mm
写真提供:プロトインセクツ Photos by Prot Insects


【アカチャウスグロマダラ】Tirumala formosa mercedonia (Karsch, 1894) ♂(表・裏)
ケニア Kenya 前翅長 mm
写真提供:プロトインセクツ Photos by Prot Insects


【アフリカウスコモンアサギマダラ】Tirumala petiverena (Doubleday, [1847]) ♂(表・裏)
中央アフリカ共和国 Central African Republic 前翅長 40mm


【コモンマダラ】Tirumala septentrionis (Butler, 1874) ♂(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 mm


【ウスコモンアサギマダラ】Tirumala limniace limniace (Cramer, [1775]) ♀(表・裏)
ベトナム Vietnam 前翅長 46mm


【ウスコモンアサギマダラ】Tirumala limniace conjuncta Moore, 1883 ♀(表・裏)
インドネシア共和国(バリ島) Bali Is., Indonesia 前翅長 38mm
写真提供:Yellowbee Photos by: Yellowbee


■アサギマダラ属(Parantica Moore, [1880])


【アサギマダラ】Parantica sita niphonica (Moore, 1883) ♂(表・裏)
日本(山梨県) Yamanashi Pref., Japan 前翅長 55mm
栃木以南の暖地。ただし、成虫は移動するので北海道まで見られる。
アフガニスタンから中国、インドシナ、マレー、台湾、パラワンに分布。
ガガイモ科のキジョラン、イケマ、オオカモメヅル、サクララン。
4〜5月から1〜2回発生しながら北上します。


【ダビデアサギマダラ】Parantica davidi (Schröder, 1976) ♀(表・裏)
フィリピン共和国 Philippines 前翅長 40mm


【チャイロアサギマダラ*】Prantica dannatti dannatti (Talbot, 1936) ♂(表・裏)
フィリピン共和国 Philippines 前翅長 42mm



【ヒメコモンアサギマダラ】Parantica aglea (Stoll, 1781) ♂♀(表・裏)
日本(与那国島) Yonaguni Is., Japan 前翅長 mm / mm
写真提供:中秀司氏 Photos by H. Naka


【ヒメコモンアサギマダラ】Parantica aglea (Stoll, 1781) ♀(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 39mm



【キイロアサギマダラ】Parantica cleona cleona ♂♀(表・裏)
インドネシア(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 mm / mm
写真提供:中秀司氏 Photos by H. Naka


【キシタマダラ】Parantica aspasia aspasia ♀(表・裏)
マレーシア(ペナン島) Penang Is., Malaysia 前翅長 mm
写真提供:中秀司氏 Photos by H. Naka


【ヒメアオマダラ*】Parantica pumila mariana (Butler, 1865) ♂(表・裏)
ニューカレドニア New Caledonia 前翅長 mm
写真提供:プロトインセクツ Photos by Prot Insects


■ヒメゴマダラ(リュウキュウアサギマダラ)属(Ideopsis Horsfield, 1857)

【リュウキュウアサギマダラ】Ideopsis similis similis (Linnaeus, 1758) ♀(表・裏)
日本(沖縄本島) Okinawa Is., Japan 前翅長 45mm
奄美諸島以南に土着。
セイロン、ビルマからインドシナ、中国南部、台湾、マレー、スマトラに分布。
ツルモウリンカ、ホウライカモメヅル。
1年中4〜5回発生。


【ウスイロアサギマダラ】Ideopsis vulgaris (Butler, 1874) ♀(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 39mm



【トガリアサギマダラ】Ideopsis juventa (Cramer, 1777) ♂♀(表・裏)
インドネシア(バリ島) Bali Is., Indonesia  前翅長 mm / mm
写真提供:中秀司氏 Photos by H. Naka


【トガリアサギマダラ】Ideopsis juventa (Cramer, 1777) ♀(表・裏)
インドネシア(スマトラ島南部) Southern Sumatra Is., Indonesia 前翅長 40mm

ちなみに上のユベンタヒメゴマダラと一緒に飛んでいた蛾を紹介。
飛んでいるときは、よく似ていました。

種不明
インドネシア(スマトラ島南部) Southern Sumatra Is., Indonesia


【ヒメゴマダラ】Ideopsis gaura perakana Fruhstorfer, 1899 ♂(表・裏)
マレーシア Malaysia 前翅長 47mm
オオゴマダラのミニチュア版のため、オオゴマダラ属(Ideaと間違われるが、
実際は違う。



【ヒメゴマダラ】Ideopsis gaura anapis (C&R Felder, 1861) ♂♀(表・裏)
フィリピン共和国(ルソン島) Luzon Is., Philippines 前翅長 46mm/48mm



【オオウスキマダラ】Ideopsis vitrea innucta (Butler, 1865) ♂♀(表・裏)
インドネシア共和国(ワイゲオ島)Waigeo Is., Indonesia 前翅長 mm / mm
写真提供:プロトインセクツ Photos by Prot Insects



[マダラチョウ亜族のページ] / [次のページへ]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2015 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.