0356929

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
おたずね掲示板
[トップに戻る] [新規投稿] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1名前を教えてください (2) / 2名前を教えてください (2) / 3蝶の名前を教えてください。 (1) / 4何チョウの幼虫でしょうか? (4) / 5分類のこうの漢字 (6) / 6蛹化不全? (9) / 7吸い戻し ?? (2) / 8モンシロチョウ メスの腹端 (6) / 9リュウキュウムラサキ (2) / 10閉翅のツマキチョウ (3) / 11尾状突起が二本? (2) / 12ルリマダラ (2) /




名前を教えてください 投稿者:三田 投稿日:2018/09/12(Wed) 10:43:06 No.3615  引用する 
2018.7.29にブラジル・サンパウロ州のウバトゥバ付近で撮影しました。シロチョウ科だと思ってあちこち調べてみましたが、わかりませんでした。よろしくお願いします。

Re: 名前を教えてください 投稿者: 投稿日:2018/09/12(Wed) 11:33:52 No.3616  引用する 
ジャノメチョウのPareuptychia ocirrhoeだと思います。
翅の基部の脈が膨らんでいるので、ジャノメかカバタテハら辺の蝶と予想できます。後翅の裏面にうっすらと眼状紋も見えますね。

ありがとうございます 投稿者:三田 投稿日:2018/09/12(Wed) 13:10:36 No.3617  引用する 
「翅の基部の脈が膨らんでいる」というのが着目点というのも勉強になりました。ありがとうございました。

名前を教えてください 投稿者:sdyfumi 投稿日:2018/09/10(Mon) 18:16:29 No.3613  引用する 
奥日光・光徳沼の渓流沿いで吸水していました。
ウラギンスジヒョウモン化オオウラギンスジヒョウモンかわかりません。どちらかご教示ください。


Re: 名前を教えてください 投稿者: 投稿日:2018/09/12(Wed) 10:13:04 No.3614  引用する 
こんにちは。
オオウラギンスジヒョウモンですね。
翅の模様と形にちょっとした違いがあります。

Re: 名前を教えてください 投稿者:sdyfumi 投稿日:2018/09/14(Fri) 01:27:08 No.3618  引用する 
虫キチコージ様

回答有難うございます。
ウラギンスジなら嬉しいなと思っていましたが、やはりオオウラギンスジの方だったのですね。

蝶の名前を教えてください。 投稿者: 投稿日:2018/08/26(Sun) 21:29:28 No.3609  引用する 
那須高原で5mくらい離れた葉の上に止まっている変った模様の蝶を撮しました。私の調べた図鑑には載ってないようなので、判りましたら教えてください。

Re: 蝶の名前を教えてください。 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/08/27(Mon) 09:51:48 No.3610  引用する 
こんにちは、これはキンモンガというよく蝶と間違われる昼間に活動する蛾です。綺麗ですよね。

何チョウの幼虫でしょうか? 投稿者:小森 投稿日:2018/08/19(Sun) 18:13:18 No.3606  引用する 
福岡の山里で見つけました。 アカボシゴマダラの幼虫のようですが、おしりの割れ目ははV字に割れています。 ゴマダラチョウだと背中の突起が4山あるように見受けられます。 アカボシゴマダラは九州にも生息しているようになっているのでしょうか? お解りになられましたら、よろしくお願いします。 

Re: 何チョウの幼虫でしょうか? 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/08/20(Mon) 05:40:07 No.3607  引用する 
アカボシゴマダラ かな?と思ったんですけど、画像を検索して見る限り、ゴマダラチョウっぽいですね。尻尾を離しているのもゴマダラチョウの特徴の様ですね。九州まで行ったのかと焦ってしまいました。

Re: 何チョウの幼虫でしょうか? 投稿者:小森 投稿日:2018/08/20(Mon) 10:55:19 No.3608  引用する 
早々に、ご回答いただき、ありがとうございます。 エノキの幼木に大小3頭程の幼虫が着いていました。 この幼虫は、近々、蛹になりそうでしたので、無事に生き延びていってくれることを願いつつ、時々見に行ってみたいと思います。 その際、アカボシゴマダラのようでしたら、再度、投稿させていただきます。

Re: 何チョウの幼虫でしょうか? 投稿者:小森 投稿日:2018/08/29(Wed) 10:25:00 No.3611  引用する 
ゴマダラチョウの蛹のようです・・・? アカホシではないですよね・・・?

Re: 何チョウの幼虫でしょうか? 投稿者: 投稿日:2018/08/29(Wed) 16:34:07 No.3612  引用する 
ゴマダラチョウの様ですね。

分類のこうの漢字 投稿者:齋藤 投稿日:2018/07/07(Sat) 04:23:45 No.3591  引用する 
初投稿です。分類のところの漢字の「こう」の漢字は、金へんの鋼?糸へんの綱?どっちが正しいのでしょうか?教えてください。両方あるようですが、よろしくお願いします。

Re: 分類のこうの漢字 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/07/08(Sun) 02:11:45 No.3592  引用する 
こんにちは。
糸へんの綱が正しいです。

Re: 分類のこうの漢字 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/07/09(Mon) 22:51:37 No.3596  引用する 
齋藤さんの
> 分類のところの漢字の「こう」の漢字は、金へんの鋼?糸へんの綱?どっちが正しいのでしょうか?
> 両方あるようですが、

は、もしかして、
http://www.pteron-world.com/topics/classfication/classification.html
「蝶の分類」に、
種、属、科、目などのグループの単位を、分類単位(ぶんるいたんい)」と呼びます。その関係は以下の通りとなります。
鋼(こう)Class

5種類の蝶たちの分類を例に見てみましょう。
鋼(こう) 昆虫鋼(こんちゅうこう)昆虫鋼昆虫鋼昆虫鋼昆虫鋼

昆虫網(こんちゅうこう)・・・頭、胸、腹の3つの体からなり、頭部には触角が1対、胸部には脚が3対あるもの。

などと、「鋼」と「網」が使われていて、どちらかが誤記ではないでしょうか。
と、いうことではないでしょうか。

ちょっと気になりましたので書き込みしました。
見当違いでしたらご容赦ください。

Re: 分類のこうの漢字 投稿者:齋藤 投稿日:2018/07/10(Tue) 19:35:45 No.3597  引用する 
いろいろと教えて頂き有難うございました。
糸へんの綱、金へんの鋼、糸へんの網と似た漢字がありますが、昆虫綱は糸へんの綱が正しいのですね。
スッキリしました。
有り難うございました。

Re: 分類のこうの漢字 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/07/11(Wed) 00:58:28 No.3599  引用する 
おぉ、ご指摘ありがとうございます。修正しておかなければ!

Re: 分類のこうの漢字 投稿者: 投稿日:2018/07/11(Wed) 03:59:59 No.3601  引用する 
修正しました。ありがとうございます。

Re: 分類のこうの漢字 投稿者:黒猫 投稿日:2018/07/14(Sat) 09:33:42 No.3602  引用する 
クソ役にも立たないおまけ話ですが …
「綱・目」は元々古い中国語で、「大綱」(大づかみな全体)・「細目」(細かな部分)というふうに対照的に使われる言葉です。

『本草綱目』という、昔から中国で使われていた生薬(天然品の医薬品原料)についての解説書があります。

蛹化不全? 投稿者:五升芋 投稿日:2018/06/24(Sun) 11:46:03 No.3586  引用する 
はじめまして。自宅前のキハダにナミアゲハの卵を見つけて1〜2齢から3頭飼っています。昨日の朝蛹化した個体は、蛹化しても幼虫の頭部が付いたままで、単に引っかかっているものと思っていました。よく見ると引っかかっているわけではないようで、蛹の腹側の頭部〜胸部(?)にかけての正中線や触角になる部分(?)には正常個体にはない縦溝があります。
togetter.com/li/1145607
のようになってしまうのでしょうか?(泣)


Re: 蛹化不全? 投稿者: 投稿日:2018/06/24(Sun) 11:59:04 No.3587  引用する 
そうなってしまいそうですね・・・途中で死んでしまう可能性もあると思います。ぜひ最後まで観察してみてください。

Re: 蛹化不全? 投稿者:五升芋 投稿日:2018/06/24(Sun) 12:09:34 No.3588  引用する 
返信ありがとうございます。
今のところ息を吹きかければ元気に動きます。
羽化しても吸蜜すらできないでしょうが、大事に育てます。

Re: 蛹化不全? 投稿者:五升芋 投稿日:2018/07/04(Wed) 18:29:45 No.3589  引用する 
幼虫の頭が着いたアゲハの蛹が今朝羽化しました(♂)
やはり幼虫の頭のままで、触角や口吻はありません。
干からびたような顔をしていますが、単眼は一応眼として機能しているのか、電灯の周りを元気に飛んで電灯のヒモにも難なく止まります。


Re: 蛹化不全? 投稿者:五升芋 投稿日:2018/07/04(Wed) 19:57:36 No.3590  引用する 

Re: 蛹化不全? 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/07/08(Sun) 02:12:50 No.3593  引用する 
もしかすると殻を剥がすことができるかもしれませんよ。中の構造はちゃんと成虫になっている筈ですから。

Re: 蛹化不全? 投稿者:五升芋 投稿日:2018/07/08(Sun) 10:19:44 No.3594  引用する 
今日も元気です。ダメ元で口元にポカリスエットの水滴をスポイトで付けてあげていますが、減っている様子は見えません。
蛹の時点で触角や口吻になる部分が溝のようにえぐれていましたし、幼虫の仮面を剥がすと成虫の頭が出てくるようには見えないのですが…?

Re: 蛹化不全? 投稿者: 投稿日:2018/07/09(Mon) 13:48:12 No.3595  引用する 
動画を見ると、幼虫の頭の殻はもう外してあるように見えますね。複眼があるように見えますが。
口はもう固まってしまって難しいでしょうね。

Re: 蛹化不全? 投稿者:五升芋 投稿日:2018/07/10(Tue) 20:00:54 No.3598  引用する 
殻は外れておりません。
何も食べていないせいか、お腹がぺちゃんこになってきました…
不憫です

Re: 蛹化不全? 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/07/11(Wed) 01:00:27 No.3600  引用する 
そうですか…まだ生きているといことは、餌やりがある程度うまくいっているのかもしれませんね。

吸い戻し ?? 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/05/09(Wed) 17:11:53 No.3583  引用する 
5月6日のこと、工事車両用に路面に敷鉄板がありました。その敷鉄板上の鳥糞にセセリ蝶がとまっていました。
蝶の腹端に黄色の提灯状(球状)の物体が付いていたので撮影してみました(左上)。
画像で確認したら、右上は糞に接触し萎み、左下では糞から離れ膨らんでいるのが判りました。右下ではさらに膨らんでいるようです。
4枚の画像とも、口吻の位置は動いていないようです。

これがセセリ蝶の「吸い戻し」なのでしょうか。
球状の黄色の液体(恐らく)が蝶の体の割りに大きく思えて奇異に感じました。

また、黄色の液体は粘度が高いように思えますが、
http://www.pteron-world.com/topics/ecology/water.html
吸水行動の
●栄養成分補給 にある「おしっこ」なのでしょうか。

蝶の正体確認も含め横に回ったのですが逃げられてしまいました。
画像を眺めて、素人なりにコチャバネセセリかなと思ったのですが、蝶の正体も判りましたらご教示をお願いいたします。
3日連チャンの渓流散歩の最終日、朝から疲れていたので、注意力、集中力に欠けていてきちんと観察できなかったです。


Re: 吸い戻し ?? 投稿者: 投稿日:2018/05/11(Fri) 14:15:09 No.3584  引用する 
こんにちは。そうですね、コチャバネセセリの吸い戻し行動ですね。おしっことはいえ、フンみたいな時もあります。時々、口からも唾液みたいなのを出して吸い戻しする蝶もいます。

Re: 吸い戻し ?? 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/05/13(Sun) 17:42:53 No.3585  引用する 
お礼が遅くなりまして申し訳ございません。
ご教示いただきまして勉強になりました。

モンシロチョウ メスの腹端 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/04/20(Fri) 17:32:08 No.3579  引用する 
毎度お世話になります。
画像を見たら、交尾拒否中の腹端に何かが付いているように見えました。
気になりましたので、ご教示いただければと思います。

2枚目の画像は腹端部分の切り取りです。
不明瞭ですが参考までに添付します。


Re: モンシロチョウ メスの腹端 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/04/20(Fri) 17:33:29 No.3580  引用する 
2枚目の画像です。

Re: モンシロチョウ メスの腹端 投稿者: 投稿日:2018/04/23(Mon) 14:40:44 No.3581  引用する 
これは他のシロチョウやモンキチョウでも見られるのですが、メスが何らかの体液を出しています。交尾拒否行動に関連しているので、においでオスを「お断り」しているのだと思うのですが、その成分まではわからないです。

Re: モンシロチョウ メスの腹端 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/04/24(Tue) 13:44:17 No.3582  引用する 
虫キチコージ 様
ご回答をありがとうございます。
勉強になりました。

画像のメス、オスの猛アタックを6分間拒絶し続けていました。オスが諦め、去ると、間もなくメスもどこかへ飛んでいきました。

Re: モンシロチョウ メスの腹端 投稿者: 投稿日:2018/07/16(Mon) 06:36:18 No.3603  引用する 
交尾拒否に関する化学物質ですが、実はもう判明しています。
hhttps://link.springer.com/article/10.1023/A:1024277823101
交尾時に♂が♀に渡します。

Re: モンシロチョウ メスの腹端 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/07/16(Mon) 21:17:54 No.3604  引用する 
中 様
ご教示をありがとうございます。
antiaphrodisiac, methyl salicylate (MeS)
でしょうか。
2003年には発表されていたのでしょうか。
リンクのページ、横文字苦手なので、猛暑が去ったら、再挑戦してみたいと思います。

本日は暑かったので、冷房をかけて昼寝をしました。その後、あまりの暑さに表に出られなくなってしまいました。
外気温は、一時的に38度を超えたようです。

Re: モンシロチョウ メスの腹端 投稿者:黒猫 投稿日:2018/07/17(Tue) 10:20:27 No.3605  引用する 
実は私、日本香料協会の元会員なのですが …

Methyl salicylate ということだと興味深いですね。
花や樹(カバノキ科のアズサ)の香気成分として自然界に広くしています。

のみならず、貼り薬、湿布薬の主要成分として、上記の香成分と比較にならない高濃度で使用されているのです。
商品名「サロメチール」など。
… ということは人間の存在がモンシロチョウの繁殖行動にかなりの程度干渉している可能性が考えられますね。

リュウキュウムラサキ 投稿者:父島迷鳥 投稿日:2018/04/15(Sun) 10:11:04 No.3576  引用する 
日溜まりで縄張り飛行をしてました、イソヒヨドリにも反応していたので笑ってしまいました。

Re: リュウキュウムラサキ 投稿者: 投稿日:2018/04/18(Wed) 11:54:37 No.3577  引用する 
飛行機にも反応しますよ(笑)
ところで、よろしければ個人メールで連絡いただけませんでしょうか?この投稿の名前にメールリンク付けておきます。

Re: リュウキュウムラサキ 投稿者: 投稿日:2018/04/18(Wed) 11:55:34 No.3578  引用する 
「虫キチコージ」をクリックすると、メールを送れます。

閉翅のツマキチョウ 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/04/11(Wed) 01:30:59 No.3571  引用する 
4月8日、北西風の強い日でした。山麓のオオアラセイトウの咲く法面で閉翅のツマキチョウを見ました。
初めに見ていたオスを見失ったので、斜面を覗き込んだら、足下に閉翅のツマキチョウがいました。
カメラが近付いても、コンベックスが近付いても逃げませんでしたので、指でつまんでみました。存在に気付いてから20分ほどしてからのことです。翅表がメスでした。
飛べない訳でもなく、指を離したら飛び去り、閉翅で近くの木の葉にとまりました。
そのまま眺めていたら、しばらくして(7分後)、地面付近に飛び、今度は90度ほど翅を開いてとまりました。地面付近にいたのは1分足らず。その後、法面の下方へ飛び去ったので見失ってしまいました。

画像の翅を閉じてとまるツマキチョウはどんな状態だったのでしょうか。
天気は晴れで、気温は16℃ほどでした。


Re: 閉翅のツマキチョウ 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/04/11(Wed) 01:32:36 No.3572  引用する 
2枚目の画像です。
木の葉を抱きかかえるようにとまるツマキチョウ

オスが4月2日に我が家に寄っていたのが、ツマキチョウの今年の初見です。


Re: 閉翅のツマキチョウ 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/04/11(Wed) 17:10:45 No.3573  引用する 
羽の先を見ると少し外側にそれていますね。これはまだ羽化したてでしっかりと翅が固まっていない状態です。ですので、まだ飛べるような状態ではなかったということだと思います。

Re: 閉翅のツマキチョウ 投稿者:権兵衛 投稿日:2018/04/11(Wed) 17:37:34 No.3575  引用する 
虫キチコージ 様
ご回答ありがとうございます。
羽化したてでしっかりと翅が固まっていない状態で、まだ飛べるような状態ではなかったとのこと。
コンベックスが近付いても逃げなかったことなどが納得です。指でつまんで、かわいそうなことをしたと思っています。お蔭様で勉強になりました。
本日はお遣いのついでに、川原のツマキチョウを見てきました。

尾状突起が二本? 投稿者: 投稿日:2018/04/06(Fri) 09:27:53 No.3566  引用する 
相模原石砂山でギフチョウを撮ったところ、尾状突起が二本あるように見える個体がいました。単なる個体変異でよく見られる現象でしょうか、ご教示ください。

Re: 尾状突起が二本? 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/04/06(Fri) 15:01:27 No.3567  引用する 
これは撮影の角度によって後翅の角がしっぽのように見えるものです。アゲハチョウなどでこのようになる写真があります。

Re: 尾状突起が二本? 投稿者: 投稿日:2018/04/06(Fri) 17:19:47 No.3569  引用する 
虫キチコージ様
回答有難うございました。
疑問が解けました。

ルリマダラ 投稿者:Nola 投稿日:2018/04/05(Thu) 21:18:16 No.3564  引用する 
再び失礼します。

フィリピンのボホール島にいたルリマダラ の仲間のなのですが…
手元の図鑑にそれらしきものが見当たりません。
同定お願いします。

特徴は、
1、ルソン斑は表裏共にない
2、前翅裏面中央付近の斑紋は1つのみ
3、後翅裏面外縁の2列の斑紋と前翅表面の瑠璃色斑以外に目立った斑紋がない

です。


Re: ルリマダラ 投稿者:Nola 投稿日:2018/04/05(Thu) 21:19:02 No.3565  引用する 
表面の写真はこちらです。

Re: ルリマダラ 投稿者:虫キチコージ 投稿日:2018/04/06(Fri) 15:06:05 No.3568  引用する 
これはツマムラサキマダラEuploea mulciberで、ボホール島の亜種visayaですね。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -