サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

タテハモドキ族のページ


■タテハモドキ属(Junonia Hübner, 1819)

タテハモドキ属は、アフリカタテハモドキ属(Precisに入れられる事があり、また、その逆の場合もあります。同じ種類でも季節型によって羽の形や模様が変わるので、多くの種類がそれぞれ別種扱いされたときがありました。季節型としては主に春型・夏型・秋型や雨期型・乾期型が代表的です。




【ベニモンタテハモドキ】Junonia westermanni westermanni Westwood, 1870 ♂♂♀(表・裏)
中央アフリカ共和国/コンゴ民主共和国/コンゴ民主共和国 Central African Repblic/DR Congo/DR Congo 前翅長 28mm/27mm/28mm


【ソフィアタテハモドキ*】Junonia sophia infracta Butler, 1888 ♂(表・裏)
コンゴ民主共和国 Dem. Rep. of Congo 前翅長 20mm


【ジャノメタテハモドキ】Junonia lemonias (Linnaeus, 1758) ♂(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 26mm


【ニセジャノメタテハモドキ】Junonia erigone expansa (Butler, 1883) ♂(表・裏)
インドネシア共和国(チモール島) Timor Is., Indonesia 前翅長 25mm


【タテハモドキ】Junonia almana (Linnaeus, 1758) ♂(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 mm


【アカタテハモドキ*】Junonia villida (Fabricius, 1787) ♂(表・裏)
サモア Samoa 前翅長 20mm


【チモールタテハモドキ*】Junonia timorensis Wallace, 1869 ♂(表・裏)
インドネシア共和国(チモール島) Timor Is., Indonesia 前翅長 26mm



【アメリカタテハモドキ*】Junonia coenia coenia Hübner, 1816 ♂♂(表・裏)
アメリカ合衆国(ノースカロライナ州) North Carolina, USA 前翅長 25mm / 23mm



【アメリカタテハモドキ*】Junonia coenia grisea Austin & Emmel, 1998 ♂♀(表・裏)
アメリカ合衆国(カリフォルニア州) California, USA 前翅長 25mm / 25mm


【カリブタテハモドキ】Junonia genoveva genoveva (Cramer, [1780]) ♂(表・裏)
ジャマイカ Jamaica 前翅長 26mm



【ナンベイタテハモドキ*】Junonia evarete ssp? (Cramer, [1779]) ♂♀(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 27mm/25mm


【ナンベイタテハモドキ】Junonia evarete flirtea (Fabricius, 1793) ♀(表・裏)
アルゼンチン Argentina 前翅長 31mm



【アオタテハモドキ】Junonia orithya (Linnaeus, 1758) ♂♀♂(表・裏)
日本(鹿児島県・西表島)Kagoshima/Okinawa, Japan 前翅長 mm / mm



【アオタテハモドキ】Junonia orithya minagara (Fruhstorfer, 1904) ♂♀(表・裏)
インドネシア共和国(ジャワ島) Java Is., Indonesia 前翅長 25mm / 28mm


【アフリカタテハモドキ】Junonia oenone oenone (Linnaeus, 1758) ♂(表・裏)
中央アフリカ共和国 Central African Repblic 前翅長 25mm


【アフリカタテハモドキ】Junonia oenone epiclelia Boisduval, 1833 ♂(表・裏)
マダガスカル Madagascar 前翅長 23mm



【ルリボシタテハモドキ】Junonia hierta cebrene Trimen, 1870  ♂♀(表・裏)
中央アフリカ共和国/コンゴ民主共和国 Central African Repblic/Dem Rep Congo 前翅長 22mm/22mm


【マダガスカルタテハモドキ】Junonia rhadama (Boisduval, 1833) ♂(表・裏)
マダガスカル Madagascar 前翅長 25mm


【クロタテハモドキ】Junonia iphita iphita (Cramer, [1779]) ♂(表・裏)
タイ王国 Thailand 前翅長 31mm


【アカボシタテハモドキ*】Junonia intermedia intermedia (C. & R. Felder, [1867]) ♂(表・裏)
インドネシア共和国(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 35mm


【イワサキタテハモドキ】Junonia hedonia zelima (Fabricius, 1775) ♂(表・裏)
インドネシア共和国(イリヤン・ジャヤ) Irian-Jaya, Indonesia 前翅長 27mm


【アフリカクロタテハモドキ*】Junonia stygia (Aurivillius, 1894) ♂(表・裏)
中央アフリカ共和国 Central African Rep. 前翅長 28mm

terea terea
【カバタテハモドキ*】Junonia terea (Druce, 1773) ♂(表・裏)
アフリカ大陸 Africa 前翅長 24mm


【トガリバタテハモドキ*】Junonia goudoti (Boisduval, 1833) ♂(表・裏)
マダガスカル Madagascar 前翅長 26mm



【ナタリカタテハモドキ*】Junonia natalica natalica (Felder, 1860) ♂♀(表・裏)
ケニア Kenya 前翅長 mm / mm
写真提供:プロト・インセクツ Photos by Prot Insects


【ナタリカタテハモドキ*】Junonia natalica natalica (Felder, 1860) ♂(表・裏)
南アフリカ共和国 Rep of South Africa 前翅長 28mm


【キマダラタテハモドキ*】Junonia chorimene (Guérin-Méneville, [1844]) ♂(表・裏)
カメルーン Cameroon 前翅長 26mm




【ハイイロタテハモドキ(ウスムラサキタテハモドキ)】Junonia atlites atlites (Linnaeus, 1763) ♂♀♂(表・裏)
マレーシア(ペナン島)/ベトナム Penang Is./Vietnam, Malaysia 前翅長 mm / mm/29mm


【ハイイロタテハモドキ】Junonia atlites acera (Fruhstorfer, 1912) ♀(表・裏)
インドネシア共和国(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 34mm


【アフリカコノハチョウ】Junonia cymodoce cymodoce (Cramer, [1777]) ♀(表・裏)
サントメ・プリンシペ Sao Tome and Principe 前翅長 31mm
見た目はコノハチョウで、かつてコノハチョウ属Kallimaとして扱われていたが、
形態もDNAもタテハモドキであることが確認されている。


■シンジュタテハ属(Salamis Boisduval, 1833)

SalamisSalamis

【カクタシンジュタテハ*】Salamis cacta (Fabricius, 1793) ♂(表・裏)
中央アフリカ共和国 Central African Republic 前翅長 38mm / 32mm
裏面の違いは季節(雨季・乾季)によるものと思われる。


【オオルリシンジュタテハ*】Salamis cytora Doubleday, 1847 ♂(表・裏)
トーゴ Togo 前翅長 41mm
写真提供:プロト・インセクツ Photos by Prot Insects



【カバイロシンジュタテハ】Salamis anteva (Ward, 1870) ♂♀(表・裏)
マダガスカル Madagascar 前翅長 35mm / 43mm


■キオビコノハ属(Yoma Doherty, 1886)


【キオビコノハ】Yoma sabina podium Tsukada, 1985 (Cramer, 1780) ♂(表・裏)
台湾 Taiwan 前翅長 35mm


【キオビコノハ】Yoma sabina nimbus Tsukada, 1985 ♂(表・裏)
インドネシア共和国(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 39mm


【キオビコノハの一種?】 Yoma algina? ♂(表・裏)
インドネシア(スラウェシ島) Sulawesi Is., Indonesia 前翅長 37mm


次へ
[戻る] / [次へ]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2015 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.