サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー
ぷてろんワールド>蝶の生態

蝶の生態について

■生きている蝶は、色々と不思議な行動を見せてくれます。ここでは、蝶がどのような生活をしているのかを紹介します。


成虫の行動(蝶の一日)

・活動時間
食   事
メスを探す(なわばり)
・渡   り
蝶   道
吸   水
水 浴 び
冬眠・夏眠
蝶の護身術
雨やどり
光に集まる蝶
蝶の睡眠

擬態(ぎたい)

擬態(ぎたい)とは、ある生物が自然界にてその生存率を上げるために、他の生物、または生物以外のものの色、模様、形などをまねする現象のことです。

蝶の擬態は、大きく4つのパターンがあり、色々と研究もされています。蝶たちがどうやってこの様な仕組みを作り上げたのかは、未だによく理解されていません。


隠蔽(いんぺい)

目玉模様
ミュラー型
ベイツ型

幼虫の護身術

成虫と違って蝶の幼虫は飛ぶことができません。食草を食べてひたすら成長する時期も、鳥などの天敵は容赦なく襲ってきます。そんな弱い幼虫たちも、生き残るために様々な方法で天敵から身を守ろうとしています。

幼虫の護身術

サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2015 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.