サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

ジャコウアゲハ族(Troidini)のページ

■世界最大の蝶を含むジャコウアゲハ族は世界でも有名です。


ジャコウアゲハ族には、以下の属が含まれますが、学者によってはあるグループを、新たな属に分けたりまとめたりしていて、7〜12属と未だに不安定な分類となっています。ジャコウアゲハ族は、ウマノスズクサ類を食草とし、主に世界の熱帯地区で発展していますが、不思議にマダガスカル島を除くエチオピア区には、食草があるのにも関わらず生息していません(マダガスカル島にも1種のみ)。

東南アジア地区で発展しているキシタアゲハ属・アカエリトリバネアゲハ属・トリバネアゲハ属は有名でこの3属を「トリバネアゲハ」を称して収集家の間でも絶大な人気を誇っています。この中には、世界最大の蝶と言われるアレキサンドラトリバネアゲハが含まれ、そのほかの種についても他のグループでも例を見ない大型の蝶のグループです。

一方、新熱帯地区に生息しているアオジャコウアゲハ属・マエモンジャコウアゲハ属は、東南アジア地区のジャコウアゲハ族に比べると、中型で色彩も控えめとなります。

日本で生息が確認されているジャコウアゲハ族は、ジャコウアゲハとベニモンアゲハです。

 
▲(左)日本のジャコウアゲハ。捕まえると、腹部をまげて先端を開きます。(右)インドネシアのヘレナキシタアゲハ。捕まえると同じ反応をします。



[アゲハチョウ亜科のページ] / [次へ]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2012 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.