サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

ジャコウアゲハ族の仲間


トリバネアゲハ属(Ornithoptera

世界でももっとも美しい蝶の一群で、大きいため愛好家も多い。トリバネアゲハ属は以下の3亜属に
分類されます。雄と雌は大きさも、羽の模様が違うため、最初は雌が別種扱いされたときもありました。

ビクトリアアゲハ亜属(Aetheoptera

雄の羽の形が特有なグループで、世界最大のアレキサンドラトリバネアゲハのこの亜属に含まれます。

alexandraealexandrae
alexandraealexandrae
【アレキサンドラトリバネアゲハ】Ornithoptera alexandrae (Rothchild, 1907) ♂♀(表)
パプアニューギニア 前翅長 100mm / 117mm
世界で最も大きいとされる蝶(蝶の体について参照)。
棲息地は極めて局部的で環境保護が無ければ絶滅のおそれがあるとされている。


reginae亜種
マライタ島 前翅長 83mm


victoriae亜種
ガダルカナル島 前翅長 72mm / 108mm



rubianus亜種
ニュージョージア島 前翅長 72mm / 98mm
【ビクトリアトリバネアゲハ】Ornithopetra victoriae ♂(表・裏)
ソロモン諸島
羽の形が特有で、島によって羽の模様が変わる。最初に見つけられた雌は、
散弾銃で撃ち落とされ、今でも博物館に保管されている。

メガネトリバネアゲハ亜属(Ornithoptera


poseidon亜種
前翅長 mm / mm


priamus亜種 ♂♀(表・裏)
インドネシア(セラム島) 前翅長 mm /mm
同じセラム島に生息するゴライアストリバネアゲハのメスに似ているのが特徴。


teucrus亜種 ♂♀(表・裏)
前翅長 mm / mm


admiralitatus亜種 ♂♀(表・裏)
パプアニューギニア(マヌス島) 前翅長 mm / mm


caelestis亜種 ♂♀(表・裏)
(ビアック島) 前翅長 mm /mm


urvillianus亜種 ♂♀(表・裏)
パプアニューギニア 前翅長 83mm / 98mm
【メガネトリバネアゲハ】Ornithoptera priamus ♂♀(表・裏)
島ごとに羽の模様や、色が変わるので様々な亜種が記載されている。雌の羽の
模様が雄と全然違うため、当初Ornithoptera panthousという別の種類と思われていた。

【アカメガネトリバネアゲハ】Ornithoptera croesus lydius ♂♀(表・裏)
インドネシア(ハルマヘラ島) 前翅長 72mm / 92mm
バチャン島でウォレスが初めて本種を採集したときの日記が有名。



[戻る] / [次へ]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2012 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.