サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

ジャコウアゲハ族の仲間


■キシタアゲハ属(Troides

後翅の黄色いトリバネアゲハの仲間で次の5つのグループに分けられます。後翅の黄色の部分は非常に細かい鱗粉でできており、こすってもなかなかとれません。また、光沢がかかっていて、黄色と言うよりは金色に近い色をしています。種類によっては、角度によって青光りする構造色を持つものがいます。

サビモンキシタアゲハ群(hypolitus group)



【サビモンキシタアゲハ】Troides hypolitus (Cramer, [1775]) ♂♀(表・裏)
インドネシア 前翅長 83mm / 101mm
キシタアゲハの仲間でも特異な種類で、一部では別の属(Ripponia属)
として扱われることがある。メスは非常に大きい。

アンフリサスキシタアゲハ群(amphrysus group)


【アンフリサスキシタアゲハ】 Troides amphrysus (Cramer, [1779]) ♂♀(表・裏)
マレーシア 前翅長 68mm / 82mm
雄の前翅の白色部分は、島によっては黄色となる。後翅の黄色が
広がっており美しい。

ハリフロンキシタアゲハ群(haliphron group)

ヘレナキシタアゲハ群(helena group)


【ヘレナキシタアゲハ】Troides helena (Linnaeus, 1758) ♂(表・裏)
セレベス? 前翅長 74mm



【パプアキシタアゲハ】Troides oblongomaculatus (Goeze, 1779) ♂♀(表・裏)
パプアニューギニア 前翅長 68mm / 77mm

キシタアゲハ群(aeacus group)


【キシタアゲハ】Troides aeacus (C.&R.Felder, 1860) ♂(表・裏)
タイ王国 前翅長 68mm

【ブルキシタアゲハ】Troides prattorum Joicey & Talbot, 1922 ♂♀(表)
インドネシア 前翅長 84mm / 92mm
オスは斜めから見ると、後翅が青く光る構造色をもっている。
この様な構造色をもっているのは、キシタアゲハの仲間でも珍しい。
キシタアゲハの中で、最後に発見された種。



【コウトウキシタアゲハ】Troides magellanus (C.&R.Felder, 1862) ♂(表・裏)
フィリピン 前翅長 77mm
ブルキシタ同様に後翅が青く光る。


【フィリピンキシタアゲハ】Troides rhadamantus (Lucas, 1835) ♂(表・裏)
フィリピン 前翅長 57mm



[戻る] / [次へ]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2014 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.